自宅で簡単ヨガ

らくだのポーズのやり方とラクダのポーズの効果

らくだのポーズサムネ

女性に多い反り腰の改善にも役立つらくだのポーズの実践方法と効果をご紹介します。

また、腰痛がちな方、キツイ反り腰の方、股関節・背筋の周辺の筋肉が固い方は少し準備運動をしたり、
負担が少ない方法を選んで徐々に身体を慣らせましょう!

いくつかのポイントを抑えれば初心者の方でも比較的簡単にできる上に、効果も高い後屈のポーズです。

らくだのポーズの実践方法

らくだのポーズのやり方
1.膝立ちの状態で、骨盤の幅程度に足を広げます。

2.腰に手を付き、一度身体を後ろに反らしてみましょう

3.後ろに反らした状態で問題が無いようでしたら、息を吸いながら、片方ずつカカトを掴みます。
(この時、腰は尾骨を前方に向ける(骨盤を立てる)意識を持つと腰への負担が減ります)

4.両方のカカトをつかむことができたら、息を吐きながらおヘソを突き出すイメージで身体を反らせます。
太ももが地面と直角になるように意識しましょう。

5.ゆっくりと2〜3呼吸続けたら、手を片手ずつ腰に戻し、上体を元に戻します。

※図ではつま先を後方に投げ出していますが、つま先を立てることで、自然と身体を反らす量が減りますので、負担が少し減ります。

※身体が固い方は足の近辺にヨガブロックを置き、手をつくことで楽にこのポーズが出来るようになります。

ラクダのポーズの効果

  • 肩こりの緩和
  • 骨盤前傾の緩和(反り腰の改善)
  • 胸を開きバストアップの効果
  • 背筋の強化
  • 猫背の改善
  • 体幹の強化
  • 姿勢を矯正して美しいスタイルに

腹筋を伸ばすことで便秘の緩和などにも役立つヨガポーズです。
ラクダのポーズは背中側の筋肉をほぐし、肩こりや腰痛の改善に役立ちます。
ですが、腰や肩周辺の筋肉が凝り固まっている方が急に行なうと腰痛や怪我につながってしまうこともあります。

不安な方は以下の軽めの練習を行ってから、ラクダのポーズを実践してみてください。

らくだのポーズが辛いという方に

らくだのポーズが辛い!
腰が痛くて出来ない!
そんな方にオススメの骨盤前傾(反り腰ぎみ)な方に最適なお手軽ストレッチをご紹介します。

以下のストレッチを続けながら、「ネコのポーズ」などで背中や腰周辺の柔軟性を高めることでらくだのポーズも徐々に辛くなくなるはずです!
ヨガ:猫のポーズ

腰に手を当てた状態で、転倒に注意しながら、無理のない範囲で状態を後ろに反らせます。

この手を添えたストレッチを行なうことで、骨盤を立てる(尾骨を前方に向ける)意識が付きます。

女性に多い、骨盤の前傾や反り腰を改善して、美しいスタイルを目指しましょう!
徐々に身体を慣らしてラクダのポーズを実践してみてください!

 

コメントを残す

*